太宰治 斜陽 あらすじ 6

0
1

ばあやのお関を通じてお金を送っていたが、かず子は心配になり、上原を訪ねた。 言い合いをしている中で、「私には行くところがある」といったかず子の言葉に、「それはどこ?」と尋ねる母。 時代が時代であったため、分かりにくい部分や理解しがたい部分もあるだろうが、そのぶん当時のことや、太宰の考え方について知ることのできる作品である。, 「走れメロス」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→ 村に住む牧人のメロスは、シクラスの市の王様の残虐な行いに激怒して、城に乗り込んで王様に意見するのですが、聞く耳を持たない王様はメロスに処刑を言い渡した。親友を人質として置き、3日間の猶予をえることに…, 「人間失格」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→この作品は、第三者目線で語られる「はしがき」「あとがき」と、第1の手記、第2の手記、第3の手記からなる。主人公の葉蔵は、人間の営みが理解できない。そのため、生活の中で人と関わることが恐怖でしかなかった…, 「親友交歓」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→昭和21年の9月のはじめに、小学校時代の同級生である平田という男が私の家にやってきました。平田は小学校のクラス会を開催して、2斗(約3.6リットル)のお酒を集めようと私に相談してきたのです。平田は滅茶…, 「桜桃」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→ある暑い夏の日、夕食の途中で「涙の谷」という妻の一言から、子育ての悩みや疲れを打ち明けてしまい、夫婦喧嘩をしてしまいます。言い争いが苦手な私は、妻からも子どもからも逃げるように家を飛び出し、よく行く飲…, 「ヴィヨンの妻」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→詩人で極度の放蕩者の夫を持つ妻が、世間に揉まれながらも些細な幸せを享受し生きていくお話です。時折、家に泥酔して帰ってきたかと思えば何かにひどく怯えている夫の繊細さや孤独を知る妻。その反動か表では酒に不…, 「パンドラの匣」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→小柴利助は20歳の時に結核療養の病院に入院することになり、「ひばり」というあだ名で呼ばれるようになりました。個性的な院長や医師たちと親交を深めていき、ひと癖もふた癖もある同室の患者たちと独特な療養生活…, 「うるはしみにくし あなたのともだち」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|澤村伊智. これがかず子の「ひめごと」となった。 叔父から家のことについて助言をされた母はそれに従い、叔父が紹介してくれた山荘を見に行きもせず、そこに住むと決めてしまう。 一人取り残されたかず子は、お腹の子どもと生きていくのだった。, 戦後の時代の移ろいと、貴族の没落を描いた様子は、太陽が傾き日が落ちる「斜陽」そのものと言える。 【太宰治】『斜陽』のあらすじ・内容解説・感想|名言付き yuka 2020年1月26日 / 2020年8月6日 それにともなって、没落していく上流階級の人々を指す「斜陽族」という言葉が生まれたり、国語辞典の「斜陽」に「没落」という意味が加えられたりと、社会に大きな影響を与えました。 「いつだかおっしゃったじゃないの。 消したつもりの薪がまだ燃えていたのだった。 大事にはならなかったものの、かず子は自分が「おひめさま」だったことに気づかされる。 母はご飯も喉を通らず、とても弱っていった。 引っ越してすぐに母は体調を崩していたが、、名医のおかげで回復、「神様が私を一度お殺しになって、それから昨日までの私と違う人にして、よみがえらせて下さったのね」と前向きに暮らす母。 かず子はこう答える。 母は、かず子と少しの会話をしてから亡くなった。 缶詰の鮭を冷たいごはんに乗せて食べると、ぽろぽろと涙がこぼれた。 今回は、近代日本文学作品である『斜陽』をご紹介したいと思います。『斜陽』は、『人間失格』『走れメロス』等と並んで太宰治の代表作として有名で、当時の文芸雑誌にて、次々に重版を重ねた大人気ベストセラーです。 母の体調は悪化し、寝たきりの生活が続いた。 『 …, 文芸雑誌『文學界』に掲載され、芥川賞を受賞した村田沙耶香氏の小説です。2018年10月に100万部を突破した話題作なので、タイトルを聞いたこ …, 2016年に公開された、二階堂ふみさん主演の映画の原作です。老作家と金魚の女の子の交流が描かれる、非常に興味深い作品です。もっと面白いのは、 …, 『ピクニック』は、可愛らしいタイトルからは想像できないほどゆがんだ物語です。 今回は、『ピクニック』のあらすじと内容解説、感想をご紹介 …, 一度見たらなかなか忘れないタイトルです。タイトル同様、内容も一度読んだら忘れられない壮絶なものになっています。 今回は、谷崎潤一郎『卍 …, 『春琴抄(しゅんきんしょう)』は、マゾヒスト谷崎の持ち味である「徹底的な献身」が全面に出ている作品です。 今回は、谷崎潤一郎『春琴抄』 …. 斜陽は1947年に発表された太宰治の小説です。 日本は敗戦後の混乱で お酒を飲んだ二人、帰る途中に暗い階段を上った。 弟の直治が帰ってきてから、地獄がはじまったのだった。, 弟の直治が帰ってきた。 かず子 主人公。一度結婚するも、流産、家に戻る。母と一緒に暮らしている。 ピエタのマリアのような顔だった。, 母の葬儀が終わり、直治とは気まずい生活を送っていた。 太宰治の名作をあらすじ、名言などからネタバレ考察! 傾いていく陽は美しく、力強ささえ感じさせるもの。 本作『斜陽』のなかで没落していく華族たちは、まさにそういった存在なのではな … だから、それだから、かず子はどこへも行かずに、お母さまのお傍にいて、こうして地下足袋をかいて、お母さまにおいしいお野菜をあげたいと、そればっかり考えているのに、直治が帰ってくるとお聞きになったら、急に私を邪魔にして、宮様の女中に行けなんて、あんまりだわ」このかず子の言葉を聞いた母は、はじめて叔父のいいつけに背いた。 その返事は返ってこないままだった。 かず子と、直治に看取られて亡くなった。 お金のある家、愛人、酒、薬物、登場人物それぞれ、太宰本人の生き方との共通点も多い。 太宰の作品は本人の意思や考え方を反映したものが多いが、「斜陽」もその一つである。 「私、いま幸福よ。 太宰治と言えば「人間失格」が有名な小説ですが、世間に与えた影響を考えれば「斜陽」も負けてはいません。, 現代の私たちからすれば少しイメージしにくいかもしれませんが、上流階級の没落を描いた名作です。, すでに読んだことがある方も、読んだことのない方も、「斜陽」の世界に浸ってみましょう。, 太宰は、終戦後の実家が、チェーホフの「桜の園」という戯曲のように寂れてしまったことに衝撃を受けました。, 名家であった津島家(太宰の実家)が没落したことを小説にしたいと執筆されたのが「斜陽」です。, 全体的に「桜の園」を意識した作りになっており、チェーホフの名前も何度か登場します。, また、当時太宰治と不倫関係にあった太田静子の日記を参考に書かれており、当時の太宰やその周囲の人物の心情が反映されている小説です。, この小説の反響は非常に大きく、国語辞書の「斜陽」という項目に「没落」という意味が付け加えられるほどでした。, 戦後、家が没落してしまったかず子は、西片町の実家を売り払い、母と共に伊豆の山荘へと移り住んだ。, 戦争から戻ってきた直治は酒を飲み、東京に遊びに出ていくという荒れた生活を送っていた。, 母と弟の様子から生活が不安になったかず子は上原にすがろうと「あなたの子供が欲しい」と手紙を書く。, かず子は上原を頼みにしなければ生きていけなくなり、妻もいる彼のもとへと押し掛け、結ばれる。, 上原も母と弟を失ったかず子からは距離を置くようになったが、かず子は念願の上原の子供を妊娠し、不倫相手の子を産んだシングルマザーとして「古い道徳」と戦っていくことを決意した。, 「斜陽」には心引かれる部分がいくつもありますが、ここでは3つのポイントに絞って解釈をしていきます。, 「斜陽」のテーマを一言で表せば「ゆるやかな破滅と、滅びゆく中の美しさ」となります。, 西片町の屋敷を売り払い、伊豆の山荘に移り住んだかず子たちですが、今までの「貴族生活」が抜けきりません。, 「これからも気をつけて下さいよ。宮様だか何さまだか知らないけれども、私は前から、あんたたちのままごと遊びみたいな暮し方を、はらはらしながら見ていたんです。子供が二人で暮しているみたいなんだから、いままで火事を起さなかったのが不思議なくらいのものだ。」, かず子は畑仕事やいざとなったら労働もするとは言っていますが、限界を感じていました。, しかし、弟が帰ってくることになり母親から「家から離れて家庭教師をしなさい」とほのめかされたことで、本心を吐露しています。, 「貧乏になって、お金が無くなったら、私たちの着物を売ったらいいじゃないの。このお家も、売ってしまったら、いいじゃないの。, 貧乏なんて、なんでもない。お母さまさえ、私を可愛いがって下さったら、私は一生お母さまのお傍にいようとばかり考えていたのに、お母さまは、私よりも直治のほうが可愛いのね。出て行くわ。」, かず子は母親を生きがいとして頑張っていたのですが、それに裏切られたように感じたのです。, これを聞いた母は思い直し、「着物を売ってぜいたくをしながら」生活していくことを決意しました。, 直治は酒ばかり飲み、東京の上原二郎のもとに出掛けて遊ぶなど、放蕩の限りを尽くしていました。, 収入がなく、緩やかに貯金を食いつぶしていく生活の中、かず子も焦りを感じ始めました。, 私はただ、私自身の生命が、こんな日常生活の中で、芭蕉の葉が散らないで腐って行くように、立ちつくしたままおのずから腐って行くのをありありと予感せられるのが、おそろしいのです。, かず子にとって「お金が尽きてしまう」ということよりも、「女としての生命が腐っていく」のが耐えられなくなってきたのです。, 6年ぶりに会った上原はすっかり変わり果てていましたが、自分のことを愛しているとかず子は強く感じました。, 私は黙っていた。このひとは、たしかに、私のあの手紙を読んだ。そうして、誰よりも私を愛している、と、私はそのひとの言葉の雰囲気から素早く察した。, 「私、いま幸福よ。四方の壁から嘆きの声が聞えて来ても、私のいまの幸福感は、飽和点よ。くしゃみが出るくらい幸福だわ」, 私には、はじめからあなたの人格とか責任とかをあてにする気持はありませんでした。私のひとすじの恋の冒険の成就だけが問題でした。, そうして、私のその思いが完成せられて、もういまでは私の胸のうちは、森の中の沼のように静かでございます。, そして、不倫相手の子供を産んだシングルマザーとして古い道徳と戦うことを決意します。, 物語の中でかず子が「不良」という言葉について考え始めるのは、弟の直治の日記を読んでからのことです。, 直治がアヘン中毒に苦しんでいるときに書かれた日記には、「不良でない人間があるだろうか」という一文が記されています。, 不良でない人間があるだろうか、とあのノートブックに書かれていたけれども、そう言われてみると、私だって不良、叔父さまも不良、お母さまだって、不良みたいに思われて来る。不良とは、優しさの事ではないかしら。, 私、不良が好きなの。それも、札つきの不良が、すきなの。そうして私も、札つきの不良になりたいの。そうするよりほかに、私の生きかたが、無いような気がするの。, 世間でよいと言われ、尊敬されているひとたちは、みな嘘つきで、にせものなのを、私は知っているんです。私は、世間を信用していないんです。札つきの不良だけが、私の味方なんです。, 不良とは、「世間的には立派だと評価されていないが、本当は優しい人」ということができます。, この作品ではゆるやかな「滅び」や「退廃」の様子が描かれていると述べましたが、物語の最後は絶望では終わっていません。, かず子は世間から後ろ指をさされることになろうとも、子供を1人で育てていくことを決意します。, 彼女はそれを「道徳革命」といい、自分や上原そして直治を「犠牲者」だと語っています。, 「道徳革命」というのは、古き時代の道徳や因習を打破して、新しい価値観の生き方をするということでしょう。, 分かりやすく言えば、「世間的に良い生活」からは外れてしまったということではないかと私は思います。, 例えば、直治は上流階級という自分の出自に嫌気を起こし、酒やクスリに手を出して民衆たちと交わろうとします。, しかし、それも中途半端で嫌な顔をされ、もうどうしようもなく自殺という道を選んでしまいました。, 例えば、破産したり、お酒を飲んで体を壊したりしてもそれは個人の責任ですし、不倫を描いたドラマも普通に放送されています。, 道徳というものが徐々に新しくなっていく革命の渦中で、時代に合った生き方ができないというのが「犠牲者」の意味しているところだと思います。, そして、かず子の視点からエッセイ調で書かれているので、いきなり「蛇の話をしようかしら」と話題が変わったりするのも、物語の流れを分かりにくくしていて、ちょっと読みにくかったですね。, 文学作品としての完成度は高く、読み込んでいくと登場人物それぞれに共感できるところがあり、「太宰らしさ」も見えてきて噛めば噛むほど味が出る作品だと思います。, ですが、「あまり普段は本を読まない」という方にはちょっとハードルが高いかもしれません。, 「斜陽」は全体を通して共感できる作品ではないと思いますが、登場人物の発言にハッとさせられることが多々ありました。, 他の作品にも触れて、彼がどのようなことを考えていたのかを知った後に読み返すと、より深く味わえると思います。.

ヤブ 歯医者 リスト 京都 14, ライフリー 業務用 吸収量 4, 自転車 信号無視 現行犯以外 7, Docucentre C2000 価格 5, 貸出管理 Web フリー 4, ソフトバンク Cm 出演者一覧 8, ツイキャス コメント 非表示 19, ペイズリー 柄 ダサい 8,

SHARE
Previous articleBFI Solusi Tepat Bagi yang Butuh Dana Cepat