登校し ぶり 対策 4

0
1

どうすればと悩んでいたときに出会えたまりマさん・・・少し頑張ろう。まだ作戦はあるかもと思えました。 基本的に私は「不登校の原因と親の教育は無関係」という考えを持っています。このスタンスに変わりはないのですが、唯一注意してきたいのが小学生、特に低学年での不登校です。小学校低学年での不登校は割合的にはそれほど多くありません。そして、長期化せず 親の心境... 登校しぶりが増えるのは新学年が始まる4月、その後の長期連休ゴールデンウイークそして夏休み明けが多いと思います。 詳細を伺わないとアドバイスが難しいのですが、よかったら無料相談にお申込みください。, 子供を年老いても養いますか? 登校しぶりが続いた時に子供は、 普段の1000倍位 ナイーブになっていました。 . Copyright © 2015-2020 不登校ナビ All Rights Reserved. どちらかというと、おおらかな性格で友達ともうまくやっていける性格の子供・・・毎日楽しそうにピョンピョン飛び跳ねて公園へ飛び出していく姿からは想像もつかない程落ち込んで位姿でした。 「登校しぶり」はまだそのまま教室復帰できる可能性があるので、ギリギリの状態でも何とか登校を継続し、環境の変化に対する配慮をお願いするといいでしょう。 例えば、担任の先生が男性に代わって怖いと感じる場合は、担任の先生を代えてもらうことはできませんが、みんなの前で叱る� にほんブログ村 ぜひ、各学校の不登校対策や不登校対応の一助にしていただきたいと思いま す。 不登校問題はその数値の増減ではなく、不登校や登校しぶりの児童生徒の多 くが「学校に行きたい(行かなければいけない)と思いながらも登校できない」 ◆登校しぶりは悪?学校の役割とは, -小学生, 発達障害 登校しぶりをしたい気持ちは理解できますが、それを コントロールするチカラは必要です。 「私だって嫌なことがあるけど頑張ってるんだ!」って思 うと、登校しぶりをする我が子が腹がたつことでしょう。 でも、「そうか。 私的に... 1年生の時に登校しぶりで学校へ行きたくないとなってしまい大変な経験をした我が家ですが、1年生の後半から担任の先生のお気遣いや学校へ慣れた事な... 子どもが学校へ行きたくないというと親は、不安になります。 登校しぶりでよく耳にするのが、朝はぐずっていたのに登校するとケロリとしているといった話ですが娘の場合はまさにそのとおりでした^^; 時間を取って話すことで気持ちが軽くなったのか、次の日からスムーズに登校することが出来ました。, 正直な話、まりマはワーキングマザーなので早退されたり学校を休まれるのはかなり困るんです。(;一ω一||)やっぱり職場の方に迷惑をかけてしまうわけですから。, でも怒ってしまうと、「早退してもいいって言ったのに、嘘つき」と、お子さんとの信頼関係が崩れてしまうかもしれません。, なので、早退してもいいと言ったら、大変ですが親自身もしっかり約束を守る覚悟する必要があると思います。, 娘の場合は、早退しても良いといった使い方でしたが、お子さんによって違いがあると思います。お子さんに合わせて、試してみてくださいね。, お子さんの性格によって違いがあると思いますが、今日はすんなり行けたけど、明日はぐずるなんて、行ったり来たりを繰り返すこともあります。, 知り合いのお子さんは入学後2学期の終わり頃まで登校しぶりで、お母さんが毎日の登校に付き添っていらっしゃいました。, ところが、突然「1人で行く」と元気に登校していったので、かえって本当に大丈夫か心配になったそうです(;^ω^A. このセリフを聞くと、心臓の辺りがぐわっと掴まれたような気持... こちらのブログをお読みいただいているという事は、 ◆登校しぶりに効く家庭での肯定的な対応 追記(2020.6)今... 根っからの心配性の私は、子育てをして心配性に拍車がかかりました。特に我が家の子供たちは、小さい頃病気がちでRSウイルスで入院、中耳炎で手術したり高熱が続いたりはたまた捻挫や骨折と色々ありました。, 色々な事でいちいち心配になって調べて本を読んで実践して失敗したり成功したり試行錯誤の毎日です。そんな子育てで悩んだ事をお役に立てたらと記事にしました。, 2人育ててきましたが同じように全く違う性格で面白さとともにそれぞれの個性を伸ばしてほしいと思う反面、ついつい叱り過ぎたりしては寝顔を見て反省する毎日です。, 次男は、小学校で精神的に不安な事がきっかけでしばらく登校しぶりになった経験もあります。その時は、激ヤセしてしまう程影響を受けてしまう母なので自分自身のメンタルの保ち方なども研究中です。, 子育てのモットーは、【自己肯定感を育んで幸せな気持ちを持ってほしい】ということです。心配性な2児の母がお役に立てそうな情報をどんどんまとめていくので見ていってくださいね。. どちらかというと、おおらかな性格で友達ともうまくやっていける性格の子供・・・毎日楽しそうにピョンピョン飛び跳ねて公園へ飛び出していく姿からは想像もつかない程落ち込んで位姿でした。 「学校に行きたくない(メソメソ)」「ちゃんと行きなさい!」こんなバトルは親子ともに疲れちゃいます_| ̄|○, 最初の登校しぶりは1週間ほどで落ち着いたんですが、その後も長期休みが終わるたび朝のバトルが勃発するんです(;一ω一||), 怒ってみたり、なだめてみたり、ご褒美で釣ってみたりといろいろ試してみましたが、・・・でも、結果は惨敗で毎朝のバトルは解消されません。, 子供とのバトルに疲れ果てていた時にダメでもともと!と思ってやってみると、あれれ??すんなりと学校に行ってくれるじゃありませんか!, 大きな目標に到達するための、小さな一歩のこと。ヨチヨチ歩きの赤ちゃんのように少しづつ、目標に近づくための行動のこと, ご安心ください。次から、まりマがどんなふうにベイビーステップを登校しぶりに利用したのか詳しくお伝えします♪, たとえば、部屋の片付けないといけないけど本棚も一杯だし、クローゼットもごちゃごちゃ。平日は忙しいし、週末だって予定があって時間が取れない。, 逆に本棚だけ整理しようそう思ってやってみたらやってみたら意外に早く終わった!それなら、クローゼットも整理しちゃおう。なんて、はずみがつくことがあると思います。, こんなふうに、「本棚だけ整理する」とハードルを下げて、取り掛かりやすい小さなことからチャレンジして徐々にレベルをあげていき、大きな目標に到達するのがベイビーステップです。, 何も行動しなかったら目標にたどり着けませんね。部屋を片付けるという目標にたどり着くための行動=本棚の整理です。, 学校に行きたくない、お腹が痛いとグズグズ言う娘に、2時間目までは学校に行くこと。それでも、どうしても駄目だったら早退していいと話すと、娘は「だったら学校に行く」と登校してくれたんです。, まりマは仕事をしているので、とりあえず登校してくれるだけで出勤して急ぎの仕事だけでも済ませることができます。, 早退するかもしれないけど会社を休まなくていいと思うだけで、朝からイライラするといったストレスがかなり軽減されたんです。. 基本的に私は「不登校の原因と親の教育は無関係」という考えを持っています。このスタンスに変わりはないのですが、唯一注意してきたいのが小学生、特に低学年での不登校です。, 小学校低学年での不登校は割合的にはそれほど多くありません。そして、長期化せず解決しやすいのも特徴です。, 小学校に入ると幼稚園とは違って子供自身が頭を使って色々考える、行動することが求められるようになります。子供は成長しているのに、親が成長しないまま今までと同じように接してしまうと、なかなか学校生活に適応できません。, 母親や父親の育て方云々ではなく家庭での親子関係に問題はないか、接し方について改善すべきポイントがないかを見直してみましょう。, 子供が小学生の低学年で、不登校や行きしぶりが出るのは、親子関係をメンテナンスする絶好の機会です。原因のすべてがこれとは言えませんが、心当たりがないかどうかはチェックしてみてください。, この行きしぶりがなぜ出てきたのかを理解しておかないと、不登校が長引いてしまうことがあるからです。, 結論を先に言うと、過干渉と先回りは要注意。放置や放任の行き過ぎもダメですが、年齢相応に子供の自立心を意識した接し方をしましょう。小学校低学年で過干渉が行き過ぎると、学校が怖くなってしまうからです。, 子供がまだ幼いからと言って、親の過干渉が酷く先回りが行き過ぎてしまうケースがあります。自分で考えなくても親がなんでも解決してしまう。, それが子供にとって当たり前になると、親のいない学校が不安と恐怖の場所になってしまうことが少なくありません。, 子供自身が失敗し、問題に直面してから自力で解決すべき問題を親が勝手にしゃしゃり出てきて解決してしまう。あるいは、子供が失敗しないように親が先回りして干渉してしまう。, 親はついやってしまうのですが、子供自身が考えて行動するチャンスを奪ってしまいがちです。別に失敗させればいいんですよ。子供がその必要性を感じれば、勝手に行動します。, 子供は賢いので、怒られたら怒られたで自分で色々頭を使います。人生を台無しにしてしまったり、他人に大きな迷惑をかける場合は先回りする必要がありますが、このような小さい失敗、怒られる経験もそれなりに必要です。, 小学生低学年で不登校になってしまう場合、このような全て解決してくれる母親がいない場所=「学校」が怖くて仕方なくなります。, 何せ自分のことを普段は母親がすべてやってくれるのに、学校に行けば自分で考えることを要求されるのです。, 不登校の原因は複雑に絡み合うことが多いので、親の影響だけが原因とは言えません。ただ、不登校になったということは子供のSOSです。, それを契機に、家庭での親の関わり方を見直して改善する機会として捉えてみてはいかがでしょうか。. 不登校・ひきこもりは親の対応次第で 登校拒否(不登校)というと中学生から多くなるイメージがあり、小学生でも登校拒否(不登校)ってあるの?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?, 文部科学省の発表では平成26年度で登校拒否(不登校)の小学生の割合は1.21%で82人に1人の割合です。, 小学生の登校拒否(不登校)の原因と対策や克服方法について考えてみましょう。 ちなみに不登校と登校拒否を同義で扱っています。詳しくはこちらをご覧ください。, 幼稚園や保育園と違って小学生になると、一人で登下校をするようになります。このことだけでも本人にとっても親にとっても大きな変化となります。, 今まで親が送迎していた幼稚園や保育園と違い小学生は一人で登下校するのが当然となり、入学して最初の頃は心配していた親も次第にそれが日常となってしまいますが、これも少しずつ子供にとってはストレスになっていることがあります。, また幼稚園や保育園では先生が子供一人一人に気を配り、時にはスキンシップをしたりしてお世話をしてくれていて甘えることもできたと思いますが、小学生になると、先生は幼稚園や保育園の先生と比べると目をかけてくれませんし、甘えることはできません。, そのため友達と何かトラブルがあっても基本的には自分達で解決する必要があります。小学校では泣いても先生はすぐに飛んできてはくれません。, うまく自己主張ができない子供は自己主張できる子供に圧倒されて、言いたいことがいえないこともあるでしょう。, そしてそのストレスが次第にたまっていってしまい登校拒否(不登校)の要因になることがあります。, そして今までは遊んでいたらよかったものが、小学生になると、授業を受けなくてはなりません。, また幼稚園や保育園と比べると小学生になると集団でじっと座って話しを聴く機会や、行事も全学年で行うものなどもあり、集団行動の機会も多く環境に適応することが要求されてきますので適応しづらい子供は登校拒否・不登校になることもあります。, 母子分離不安とは文字通り母親から子供が離れたときに不安を感じることをいいます。小学生の母子分離不安については詳しくはこちらに書いております。, まだまだ甘えたいのに、物理的に親と離れなくてはいけない時間が幼稚園よりも長くなります。, 登校自体母親と離れて登校しなくてはいけませんのでストレスですが、いままで友人とトラブルがあってもなんだかんだ幼稚園や保育園の先生が介入してくれたり、母親が入ったりしていたことも自分で解決しなくてはいけないのです。, つまり甘えたり、頼れる人がいないという状況に不安を感じることから、登校拒否(不登校)になることがあります。, また幼稚園や保育園に比べて時間的にも長く母親と離れなくてはならないことから、母子分離不安が起きやすくなります。, また小学生になり一人で登校することも最初は気を張り詰めていて頑張り続けていた子供がGWや夏休みあけなど長期のお休みを挟んで登校拒否(不登校)となるのはよくあることです。, これは登校しなくてよいという解放感で親と甘えて過ごしていた休暇が終わり、そこから抜け出せなくなる。または連休などをきっかけに気が緩み、頑張り続けていた糸が切れるとでもいったらよいのでしょうか?, 小学生になるといままではなかった勉強がはじまり、点数がつけられます。このため勉強ができずに劣等感を感じたり、学年が大きくなるにつれ学習内容も高度になり、ついていけなくなる子供もでてきます。, いままでのようにお手紙や連絡帳に親向けに連絡があったものも、いちいち課題や宿題の内容と期限が通達されるわけではないので、自分で管理しなくてはなりません。, 成績の優劣により自己否定がおきるということも不登校(登校拒否)の要因の1つになりますね。, お友達とトラブルになって学校で嫌な目にあった。仲間はずれをされた、学校でトラウマとなる出来事があったなども登校拒否(不登校)の要因の一つになります。, 小学生になったとたん、「もう小学生なんだから甘えてはいけません」なんて急に厳しくしていませんか?, 小学生からは自分で何事もやらせようとする親御さまもきっといると思いますが、いきなりすべてにおいて甘えてはいけない、自分でとなると、今まで親がサポートしてくれていたのに、つけ放されたような気持ちにもなります。, また逆に親の過干渉やネグレクトその他適切でない対応が多いと、登校拒否(不登校)になりやすくなります。, また不登校(登校拒否)になってからの対応の仕方により、不登校が長引くこともあります。, 過干渉な親の場合には「~しなさい」「~した方がいい。あなたのためよ」といって子供のためを思っての言動だと親は思っていますが、実際にはそれは子供にとってマイナスの影響が大きいのです。, 指示に慣れてしまった子供は親がいない場面でどのように対処したらわからなくなってしまうのです。, 親が子供のことを思って危険や失敗を回避するための言動かと思いますが、大人になるまでに危険や失敗をせずに育った場合のことを想像してみてください。, 親がずっと子供についているわけにはいきませんから、社会に出たときに失敗することもあるはずです。, それらに対して対処する力がついていないためはたから見ると大したことのない失敗で、一気に自信を喪失しひきこもりにまでなってしまうことがあります。, また不登校になってからも「学校に行かないと勉強が遅れるわよ」「学校はいくものよ」なんて言っていませんか?「登校するなんて当たり前のことじゃない、なぜ言ってはいけないの?」と思ってる場合には長期の不登校決定です。, 実は私も当初は前述発言をしてしまっていた毒親でした。それに気づいても夫がそれを受け入れられずに息子の登校拒否(不登校)が長引いてしまったと今ではよくわかります。, 両親揃って登校拒否(不登校)を受け入れ、両親が同じ方向を向いていないと、登校拒否(不登校)を克服するのは時間がかかります。しかし早期に親が同じ方向を向き適切な対応をすることで登校拒否(不登校)の克服は早くできます。, 実際に私が相談を受けている方でもずっと解決しないご夫婦と早期に登校拒否(不登校)が解決している方の差はこれです。, 親の過干渉の影響については詳しくこちらに書いておりますので、参考になさってください。, この他にも親が学校や、担任の先生を批判していたりマイナスな発言をしている場合にはそれを聞いた子供が担任や学校に対してのイメージを悪くもってしまい、本当は好きであっても親が悪く言っているからよくないんだと思ってしまって登校拒否(不登校)となることもあります。, ネグレクトの場合には子供は親の愛情を求め、自分でも気づかずに登校拒否(不登校)となっていることがあります。親の影響はとても大きいのです。, 親の対応を変えて早期に登校拒否(不登校)を解決したい方は是非お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームより承ります。, 自分が学校に行けない登校拒否(不登校)の状態にあることで親を苦しませてしまっていると考えてしまうのが、登校拒否(不登校)の子供です。, 小学生であればなおさら親の反応を大きく感じとりますので、親が学校に行けないことを責めたり、無理に行かせようとすると、学校拒否(不登校)の自分はダメな子供なんだと強く自己否定してしまいます。, またまだまだ小学生ですから、甘えたいはずです。登校拒否・不登校の克服のためにも対策としては甘えたいときはしっかりと抱きしめてあまえさせてあげてください。, 学校に行けない子供が悪い子供ではありませんし、不登校は甘えているわけではありません。よく義務教育だから学校に行かないといけないという方がいますが、実はこれは間違っています。, 義務教育とは私たち親が子供に教育を受けさせる義務を負っているのであり、子供が絶対行かなくてはいけないという定義ではありません。, 第4条 (義務教育) 国民は、その保護する子女に、九年の普通教育を受けさせる義務を負う。, 子供が生まれてくるときにあなたは何を願いましたか?毎日子供が学校に登校することや勉強ができるようにということではないと思います。, 多くの親御様は無事に、健康に生まれてくることだけを望んでいたのではないでしょうか?, 子供が登校拒否(不登校)なんて人に言えなくて・・かくしているという方もいますが、なぜ隠す必要があるのですか?, ということはあなたは子供の登校拒否(不登校)を受け入れていないということになります。, 登校拒否・不登校の克服には必要である「あるがままの子供を受け入れる」というのを意外とできていないものです。小学生の登校拒否(不登校)であれば、対策として親の対応を変えるだけで、早くに不登校を克服できます。, また言葉では学校に行けなくても大丈夫だよと言いながら親に笑顔がないと、言葉よりも感情が伝わりますので、子供は自分を受け入れてないと敏感に感じます。, あなたが心底登校拒否(不登校)という状態を受け入れられれば自然と笑顔になれるはずです。, 本来であれば登校拒否・不登校の克服のための対策として社会全体が登校拒否(不登校)に理解を示し、受け入れることができれば、登校拒否(不登校)やひきこもりも減ってくるはずです。, ついつい子供のためと思って指示を出してしまっている親は多いと思います。私もそうでした。過干渉は子供のためと言いながら親自身の見栄や理想のためだったりします。, こちらの記事に詳しくは書いていますが、過干渉は子供にマイナスの影響を与えますので、やめることが登校拒否・不登校克服への解決への第一歩です。, ~しなさい~したほうがいい。何時までにあれしなさい、これしなさい・・子供はロボットではありません。子どもの意思を尊重して、失敗したら、そこで子供は学びます。, 今のうちにたくさんの失敗をすることで、子供が自立するための力をつけ、心も強くなり登校拒否(不登校)を克服できます。, 登校拒否(不登校)の子供は繊細な子供が多いです。繰り返しになりますが、克服し強くなるためにも失敗して学ぶことが必要です。, 失敗を経験してこなかったからこそ、メンタルが強くなっておらず登校拒否・不登校になるともいえるのです。, 母子分離不安や、ネグレクトなどの場合には登校拒否(不登校)の子供は親の愛情を求めています。, 小学生であれば、抱きしめる、頭をなでるなどして甘えさせ、スキンシップや、一緒に過ごす時間を増やすようにするのが登校拒否(不登校)克服につながります。, 自分のこともしたいし、家事もあるし、余裕がない・・なかにはお仕事をフルタイムでしているという方もいらっしゃるでしょう。家事は人に頼むこともできますが、母親、父親はあなたしかいないのです。, 時間を巻き戻すことはできません。家事代行サービスなども利用しながら子供と関わる時間を増やしてみてはどうでしょうか?, 子供とどう接していいのか?何を声かけていいのかわからないお父さんは朝の挨拶とおやすみを必ず笑顔で言うようにしてください。もしいままでしていなかったのであれば、対策としてこれだけでもいいのでやってみてください。, 子供にとっての社会は学校です。人は自己肯定感が高まると社会に出たくなる生き物だそうです。社会に出て承認欲求を満たしたくなるのです。, 子供が何かできたら褒めること。そして感謝を伝えること。これを繰り返すことで、子供の自己肯定感は高まります。, 小学生であれば、簡単なお手伝いを頼んでみてはどうでしょうか?日が暮れたらカーテンを閉める。お風呂のお湯はりボタンを押してもらう。近所に買い物を頼む。配膳を頼む。, できそうなことを頼み、できたら褒めてください。たとえあなたが望むような結果でなくてもやってくれたら、感謝をしてください。それが登校拒否(不登校)を克服するために必要です。, 登校拒否・不登校の状態からいきなり教室に行くことはできなくても対策としてまずは小学校の前まで子供と一緒に行ってみる。, こちらに養護教諭の役割と保健室登校について書いていますので、是非参考になさってください。, ↓参考になれば、ぽちっと応援をよろしくお願いします。↓

片思い 忘れたい 職場 11, Izure Saikyo No Renkinjutsu Shi Novel 10, Fy 17s7 取扱説明書 5, Amazon Fire Toolbox Hd8 5, ロゴス パネルドゥーブル ブログ 8, ビッケ レインカバー 口コミ 10, 夢占い 卵 孵化 8, マイクラpc コントローラー 設定 21, Mysql In句 上限 9, 一泊 バッグ 大きさ 11, ポケモンgo Cp 下げる 7, 映画 糸 病気 4, エリシオン 時計 消える 7, 第 五 人格 永久 Id 期限 7, 小 3 算数 単位 問題 8, ピアノ 小指 丸まる 5, タイムツリー スタンプ 機能 10, 手相 親指 第二関節 横線 13, 井荻トンネル 事故 リアルタイム 18, ハイエース 100系 エンジン載せ 替え 7, カロッツェリア ポータブルナビ 電源 4, 専業主婦 Fx 住民税 5, 灘高校 入試 時間 7, マジレンジャー 映画 無料動画 27, Cbr650r Zx6r 比較 7, 新生児 縦抱き 首 ガクン 8, Englishexpression I 答え 4, Maya Groupid ノード 8, 新生児 夏 短肌着だけ 4, Tbs 歴代社長 林 18, Bose 低音 強すぎ 7, ミキ 夢 ネタ 5, Ai Viewer 窓の杜 4, ミズノ アイアン 難しい 5, ほ ー み ー ず チャンネル登録者数 5, 陳子豪 応援歌 原 曲 11, Hey Say Jump ファン区分 4, 扇風機 掃除 分解 12, Youtube 配信 時計 表示 16, なす ピーマン ベーコン にんにく 11, Vwh 50 Vwh 500 違い 16, Bluetooth モニター 車 5,

SHARE
Previous articleBFI Solusi Tepat Bagi yang Butuh Dana Cepat