m4a 画像 埋め込み 7

0
1

対応: Chrome, Edge, Firefox, IE, Opera, Safari, 注: PNG、JPEG、GIF のような古い形式は、WebP や AVIF のような新しい形式と比較して性能が劣りますが、より広範囲の「歴史的な」ブラウザーが対応しています。新しい画像形式は、対応していないブラウザーが無視できるようになってきている (つまり、市場シェアがゼロに近づいてきている) ため、人気が高まってきています。, 以下のリストにはウェブ上で見られる画像形式を挙げていますが、ウェブコンテンツでは避けた方が良いものがあります (一般的には、ブラウザーの対応が広くないか、より良い代替手段があるためです)。, 注: 各画像形式の略語は、形式、その機能、ブラウザーの互換性に関する詳細な情報 (どのバージョンで対応が導入されたか、後に導入された可能性のある特定の特殊機能を含む) についてのより詳しい説明へとリンクしています。, 注: ウェブブラウザーが対応している画像形式に関する、より包括的な情報については、画像ファイルの種類と形式ガイドを参照してください。こちらには、対応されているがウェブコンテンツでは推奨されていない画像形式 (例: ICO、BMP など)も含まれています。, 画像の読み込みまたは表示の間にエラーが発生した場合、かつ onerror イベントハンドラーが error イベントを扱うよう設定されていた場合は、イベントハンドラーが呼び出されます。これはいくつもの状況がありえます。, 注: ブラウザーは常に画像を表示するわけではありません。ブラウザーが画像を表示しない状況はいくつかがあります。, このような場合、ブラウザーは、画像をこの要素の alt 属性で定義された文字列に置き換えます。このような理由から、 alt には可能な限り役に立つ値を指定するべきです。, alt 属性を省略すると、画像がコンテンツの鍵となる部分であり、同等のテキスト表現を行うことができないことを表します。この属性に空文字列を設定すると (alt="")、この画像がコンテンツにおいて重要な箇所ではないことを示し、視覚ブラウザーではない場合はレンダリングを省略することがあります。視覚ブラウザーでは、 alt が空欄で画像の表示に失敗した場合は、壊れた画像のアイコンの表示が省略される場合もあります。, この属性は画像をテキストにコピー&ペーストした場合や、リンクされた画像をブックマークに保存したときにも使用されます。, 関連する画像の取得の際に CORS を使用しなければならないかどうかを示します。 CORS リクエストから返されたCORS が有効な画像は、 要素で「汚染」されることなく再利用することができます。, crossorigin 属性が指定されていない場合は、 (Origin リクエストヘッダーがない) CORS 以外のリクエストが送信され、ブラウザーは画像が汚染されたものとしてマークし、その画像データへのアクセスを制限して、 要素での使用を防ぎます。, crossorigin 属性が指定されている場合は、(Origin リクエストヘッダーを伴う) CORS リクエストが送信されます。しかし、サーバーがオリジンのサイトによる画像データへのオリジン間アクセスを許可することをオプトインしない場合 (Access-Control-Allow-Origin レスポンスヘッダーが一切送信されていないか、送信された Access-Control-Allow-Origin レスポンスヘッダーにサイトのオリジンが含まれていない場合)、ブラウザーは画像が汚染されていると判断し、画像データへのアクセスを制限し、 要素での使用を禁止します。, この属性がの値が無効である場合は、列挙型のキーワードに anonymous が指定されたものとして扱われます。詳しくは CORS 設定属性を参照してください。, 注: この属性は 要素が、有効な href 属性を持つ 要素の子孫である場合に限り許可されます。, メディアの状態はビューポートのプロパティで記述するものであり、画像のプロパティではありません。例えば、 (max-height: 500px) 1000px は、ビューポートの高さが 500px 以下であれば 1000px 幅のソースを使用することを提案します。, ソースサイズ値は、画像の表示サイズを指定するものです。ユーザーエージェントは srcset 属性で与えられたソースからひとつを選択するために、現在のソースサイズを使用します。そのとき、ソースは幅記述子 ('w') を使用して説明します。選択したソースサイズは画像の固有の寸法 (CSS スタイルが適用されていない場合の、画像の表示サイズ) に影響します。srcset 属性がない場合、あるいは幅記述子 (w) を持つ値がない場合は、sizes 属性の効果はありません。, 幅記述子と画素密度記述子を同一の srcset 属性に混在させると無効になります。重複した記述子 (例えばひとつの srcset に2つのソースがあり、どちらも '2x' とする) も無効になります。, ユーザーエージェントには、利用可能なソースからひとつを選択する裁量があります。これは、ユーザー設定や帯域幅の条件などに基づいて選択を適合させるような、かなりの裁量が与えられています。例としてはレスポンシブ画像のチュートリアルをご覧ください。, 注: 要素が または