office バージョン番号 一覧 9

0
1

! Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)は、マイクロソフトのオフィススイートである。, Microsoft Office は、単体ソフトウェアとしては1983年5月にMulti-Tool Wordの名前でXENIX向けに発売されたのが最初で、オフィススイートとして複数のソフトウェアがセットになった状態で発売されたのは1989年6月にMacintosh(Mac)向けが最初である。この時点でWord、Excel、PowerPointが含まれていた。Windows向けに発売したのは1990年10月である。日本語版が用意されたのは、Office for Mac 4.2とOffice 3.0(日本ではOffice 1.0として発売)からである。, 製品名はOffice 95以前はバージョンをそのまま名称としていたが、Office 95からは販売開始された年としている。ただし、Office XPはその例外となった。また、コードネームは一貫して「Office *(*にはメジャーバージョン番号が入る)」が使われている。Office 95以降の節では見出しにコードネームを用いる。, Microsoftはこの製品のLinux版を提供していないため、Linux上でMicrosoft Officeを動作させるには、Wineが必要になる。2016年12月現在、Office 2013(32bit)およびそれ以前のバージョンはおおむね動作する。Office2016(32bit)も大幅に改善している。しかしながら、Wineの以前のバージョンでないとインストーラすら動作しない場合があるほか、また.NETなどの他のWindowsのソフトウェアも一緒にインストールする必要がある場合が多い。手っ取り早くこの問題に対処するには、PlayOnLinuxを用いて、開発者により良好な動作が確認されたインストールの手順を自動的に再現させる方法がある。このほか、SharePoint Designerなど、利用者の少ないアプリケーションにはそもそも動作確認がほとんどされていないものもあるので注意が必要。Microsoft Officeの64Bit版(バージョン・エディション問わず)をLinux上でインストールならびに動作させる方法は2016年12月現在、対応するバージョンのWindowsのライセンスを取得して、 Windows仮想マシンにWindowsをインストールするしかない[47][48][49]。, これらの各種ソフトウェアをそれぞれのエディション、つまり製品世代で組み合わせて「オフィススイート製品」として販売している。単体パッケージでも販売されている。一部のソフトウェアは単体パッケージのみ、あるいはボリュームライセンスのみのために、Office 2013の最上位エディションであるProfessionalでもアプリケーション単体のパッケージを追加で買わないかぎり、Microsoft Officeのアプリケーションが全種類揃うことはない。, ソフトウェア単独や統合製品として小売されているリテールパッケージ版には、新規購入パッケージと、旧バージョンや現行バージョンを含む単体パッケージやプリインストール(OEM版)からのアップグレード版パッケージの2つが提供されている。, アップグレード版の場合は、アップグレードと同時に下位エディションから上位エディションに変更することもできる。たとえばOffice 2003 PersonalからOffice Professional 2010へのアップグレードも可能である。, 場合によっては、新規パッケージを購入するよりも、アップグレードの対象となる安価な単体製品とアップグレード版を購入した方が安い場合も生じる。なお、譲渡については原則1回のみ可能。アップグレード版の場合は、アップグレードの対象となる製品も合わせて譲渡しなければならない規定となっている[50]。, 製品版の一部のエディションではアカデミック版が設定されている。Office 2013ではProfessionalのみに設定されており、一般の製品版同様、新規購入パッケージとアップグレード版パッケージがある。購入は一般的なアカデミック版と同様で、教員や学生であることを証明する書類を提示したり、FAXで送信することで購入が可能になる。, プリインストールされている(OEM版)エディションはPersonalが過半数であった。 しかし、企業や学校においてプレゼンをする機会が増えてきたため、日本ではOffice 2007においてPersonalにPowerPointを加えたOffice Personal 2007 with PowerPoint 2007が新たなプリインストール専用エディションとして登場した[52][53]。さらにOffice 2010からはPersonalに替わって、PowerPointのほかにOneNoteが加わったHome and Businessがプリインストールされることが多くなった。こちらはリテール版も設定されている。また、BTOではProfessionalなどの多くのエディションが選択できる場合が多い。, いずれにしても、ソフトのみのリテール版(製品パッケージ版)よりも安く設定されているが、パソコンハードウェア本体に付属するライセンス形態のため、パソコンを譲渡する場合、ハードウェアとセットで譲渡しなければならない規定となっている[50]。, ただし、プリインストールのOfficeを根拠に、別のパソコンへ小売されているアップグレード版のインストールが、元々のパソコンからプリインストール済みのOfficeを削除することを条件に認められており、この場合、ハードウェアとソフトウェアのライセンスは切り離されることになる[54]。, プリインストール版は搭載されたパソコンでのみ使用可能であるが、リテール版はあるパソコンで使用しなくなれば、アンインストールした上で新しい別のパソコンで使用することができる。また、Windows用のリテール版ならば、同時使用しないという制限が加わるが、同一個人が所有し利用するパソコンで、かつ一方が携帯用である場合に限り(例・自宅のデスクトップ パソコンと携帯用ノートパソコン、あるいは自宅で使う大型ノートとネットブックを含む携帯用モバイルノート)2台までインストールできる[55]。, Microsoft Office に関する資格として、Office 2007に対応したマイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト(Microsoft Certified Application Specialist (略称MCAS))や、Office 2003までのバージョンに対応するMicrosoft Office Specialist(略称MOS)がある。以前はMicrosoft Office User Specialist(略称MOUS)とされていた。, マイクロソフトはOSの販売も行っていることから、Microsoft OfficeはOSの改良にあわせて改良を行ったり、Microsoft Officeによる改良がOSに取り入れられる場合などがある。, Office 2000の改良点であるメニューの優先表示などの機能は、のちに販売されたWindows 2000でも採用された。また、Office 2007から採用されたリボンUIはWindows 7において付属のペイントやワードパッドに導入されるほか、一般のアプリケーションがリボンを搭載できるようAPIの公開が決定している[56]。, アプリケーション開発者は、Visual Studio Tools for Office(以下VSTO)、Visual BasicおよびVisual C#を使用してOffice 2003以降のアプリケーションを拡張できる[57]。, Visual Studio 2005シリーズの場合はTeam Systemエディションを購入する、MSDNサブスクリプション契約を結ぶ、あるいはVSTOを別途購入する必要があったが、Visual Studio 2008の場合、Professionalエディション以上からVSTOが標準付属するようになっている。VSTOを使用することで、Officeアプリケーション用アドインの作成、リボンUIのカスタマイズなどが行えるようになっている。, パーソナルコンピュータが職場や一般市民に広く普及する以前の1980年代後半から1990年代前半は、マイクロソフト、アップル、ロータス、コーレル、ジャストシステムなどがオフィススイートを開発・供給し、マイクロソフトのWindows 95のリリースにより、パーソナルコンピュータが職場や一般市民に広く普及した1990年代後半以後は、マイクロソフトのデスクトップOSであるWindowsとオフィススイートであるMicrosoft Officeをバンドルプリインストールしたパーソナルコンピュータが大量に供給され、市場シェアの面で競合製品を圧倒するようになり[58]、デファクトスタンダードの地位を確立した[59]。一方で、マイクロソフトはパソコンメーカーに対してバンドル契約にWordとExcelの2本セットでの添付を条件づけていたことがあり、不公正な取引にあたるとして公正取引委員会から注意を受けたことがある[60]。, このようなマイクロソフトの販売手法は「マイクロソフトによる独占の問題」でも述べているように、独占禁止法に触れるのではないかと意見する人々も多く、たびたび裁判沙汰となる[61]。, 2010年代以後は、オフィススイートをクラウドサービスで無料または有料サブスクリプションで利用する形式を、Google、マイクロソフト、アップル、IBM、Zohoなどが開発供給している。, 2000年代まではオフィススイートの利用形式は、パーソナルコンピュータにバンドルプリインストールされたオフィススイートを利用する形式が主要な利用形式だったが、2010年代以後は個人としての使用・法人の業務としての利用でも、バンドルプリインストール版の利用と、クラウドサービス版で利用する形式の2種類が主要な利用形式になっている。2015年時点では、クラウドサービス版は、Google、マイクロソフト、アップルが主要な供給者として競合状態であり、デファクトスタンダードは確立していない。, この措置は、その特殊なプロダクトキーをプロダクトキーを確認するソフトを用いて取り出すことや、レジストリのデジタルプロダクトIDの記述をコピーすることによって、無制限にインストールされてしまうという盲点を回避するための変更と思われる, 「マイクロソフト、ウィンドウズ3.1対応ソフト―パッケージを投入」『日経産業新聞』1993年6月17日、6面。, 「マイクロソフト、ワープロ、表計算ソフト合体―「オフィス」新バージョン」『日経産業新聞』1994年2月28日、7面。, 「マイクロソフト、「オフィス」「ワード」増産―倍の月20万本に。」『日経産業新聞』1994年10月18日、6面。, 「マイクロソフト、低価格の「オフィス」「アクセス」統合版。」『日経産業新聞』1995年3月10日、6面。, 「マック用ソフト2種、マイクロソフトが発売へ。」『日経産業新聞』1995年4月13日、6面。, Microsoft Servers#Microsoft Office server 製品, http://www.businessweek.com/magazine/content/08_02/b4066000498753.htm, “The Microsoft Office for Windows Advertisement”, http://books.google.com/books?id=wFAEAAAAMBAJ&lpg=PA1&pg=PA50#v=onepage&q&f=false, “Microsoft ships updated Office for Windows”, http://books.google.com/books?id=rlAEAAAAMBAJ&pg=PT15, History of the Microsoft Macintosh Business Unit, “The Microsoft Office for Windows 1.6 Advertisement”, http://books.google.com/books?id=iVAEAAAAMBAJ&pg=PA18, “Microsoft Office now has Mail, PowerPoint”, http://books.google.com/books?id=EVEEAAAAMBAJ&pg=PA15, “Microsoft set to unveil Office for Power Mac”, http://books.google.com/books?id=pjgEAAAAMBAJ&pg=PA21, This Suite smells of success: MS Office 95 review of new features, Microsoft Office 97 Released to Manufacturing | News Center, 「Microsoft(R) Office 97, Professional Edition,for Windows(R)」日本語版、3月14日(金)発売 - News, 「Microsoft(R) Office 97 Powered by Word 98」 日本語版  7月10日(金)より発売開始 - News Center, 「Microsoft(R) Office(TM) 98 Macintosh(R) Edition 」日本語版 9月4日(金)発売 - News Center, Microsoft Office 2000, an Essential Tool For All Knowledge Workers, Is Available This Week, 「Microsoft(R) Office 2000 」日本語版 7月9日(金)発売 - News Center, Microsoft(R) Office 2001 for Mac(R) 日本語版11月17日(金)発売 - News Center, Office XP Adds New Tools and Innovations to Foundation of Past Versions, 「 Microsoft(R) Office XP 日本語版」 6月8日(金)より店頭発売 - News Center, Microsoft(R) Office v. X for Mac 日本語版2002年1月25日(金)発売 - News Center, Steve Ballmer Speech Transcript - Microsoft Office System Launch, 「Microsoft(R) Office 2003 Editions」日本語版 ライセンス製品を9月1日(月)、パッケージ製品を10月24日(金)に発売 - News Center, 「Microsoft(R) Office 2004 for Mac Standard Edition」を6月18日(金)、「Microsoft Office 2004 for Mac Professional Edition」を7月23日(金) に発売 - News Center, Vista, Office 2007 Now Available for Volume Licensing, Windows Vista(TM)、2007 Office system、Exchange Server 2007の法人および企業向けライセンス提供を発表 - News Center, Microsoft(R) Windows Vista(TM) および2007 Office system 本日より一般・個人向けに発売開始 - News Center, Microsoft(R) Office 2008 for Mac シリーズを2008 年 1 月 16 日 (水) より発売 - News Center, 次期Officeは2009年?――社内資料で明らかになった「Office 14」の開発ロードマップ, Office 2010はプリインストールの仕組みが変わる――MSが注意喚起初回にプロダクトキーの入力が必要、同梱DVDの紛失に注意, 「Microsoft(R) Office for Mac 2011」の 参考価格を発表 - News Center, Microsoft wraps up revamped Office 2016 for Mac, 日本マイクロソフト、「Office 2013」の発売日をアナウンス――2月7日発売, 【大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」】Office搭載PCを3台買ったら、使えるのは3年間? 新しく購入したコンピュータに、OEM 版 Office XP をアップグレード対象にして Office 2003 アップグレード版をインストールできますか? バージョン 2011 (ビルド 13426.20184), バージョン 2010 (ビルド 13328.20356), バージョン 2010 (ビルド 13328.20340), バージョン 2010 (ビルド 13328.20292), バージョン 2010 (ビルド 13328.20278), バージョン 2010 (ビルド 13328.20210), バージョン 2010 (ビルド13328.20154), バージョン 2009 (ビルド 13231.20360), バージョン 2009 (ビルド 13231.20262), バージョン 2009 (ビルド 13231.20200), バージョン 2009 (ビルド 13231.20152), バージョン 2009 (ビルド 13231.20126), バージョン 2008 (ビルド 13127.20378), バージョン 2008 (ビルド 13127.20360), バージョン 2008 (ビルド 13127.20296), バージョン 2008 (ビルド 13127.20268), バージョン 2008 (ビルド 13127.20208), バージョン 2008 (ビルド 13127.20164), バージョン 2007 (ビルド 13029.20344), バージョン 2007 (ビルド 13029.20308), バージョン 2007 (ビルド 13029.20292), バージョン 2007 (ビルド 13029.20236), バージョン 2007 (ビルド 13029.20200), バージョン 2006 (ビルド 13001.20384), バージョン 2006 (ビルド 13001.20266), バージョン 2006 (ビルド 13001.20198), バージョン 2006 (ビルド 13001.20144), バージョン 2005 (ビルド 12827.20336), バージョン 2005 (ビルド 12827.20320), バージョン 2005 (ビルド 12827.20268), バージョン 2005 (ビルド 12827.20210), バージョン 2005 (ビルド 12827.20160), バージョン 2004 (ビルド 12730.20270), バージョン 2004 (ビルド 12730.20250), バージョン 2004 (ビルド 12730.20236), バージョン 2004 (ビルド 12730.20206), バージョン 2004 (ビルド 12730.20182), バージョン 2004 (ビルド 12730.20150), バージョン 2003 (ビルド 12624.20466), バージョン 2003 (ビルド 12624.20442), バージョン 2003 (ビルド 12624.20410), バージョン 2003 (ビルド 12624.20382), バージョン 2003 (ビルド 12624.20320), バージョン 2003 (ビルド 12624.20296), バージョン 2003 (ビルド 12624.20276), バージョン 2003 (ビルド 12624.20224), バージョン 2003 (ビルド 12624.20176), バージョン 2002 (ビルド 12527.20278), バージョン 2002 (ビルド 12527.20264), バージョン 2002 (ビルド 12527.20242), バージョン 2002 (ビルド 12527.20194), バージョン 2002 (ビルド 12527.20186), バージョン 2002 (ビルド 12527.20174), バージョン 2002 (ビルド 12527.20138), バージョン 2002 (ビルド 12527.20092), バージョン 2001 (ビルド 12430.20184), バージョン 2001 (ビルド 12430.20170), バージョン 2001 (ビルド 12430.20120), バージョン 2001 (ビルド 12430.20050), バージョン 1912 (ビルド 12325.20288), バージョン 1912 (ビルド 12325.20280), バージョン 1912 (ビルド 12325.20264), バージョン 1912 (ビルド 12325.20240), バージョン 1912 (ビルド 12325.20214), バージョン 1912 (ビルド 12325.20172), バージョン 1911 (ビルド 12228.20364), バージョン 1911 (ビルド 12228.20332), バージョン 1911 (ビルド 12228.20290), バージョン 1911 (ビルド 12228.20250), バージョン 1911 (ビルド 12228.20206), バージョン 1911 (ビルド 12228.20120), バージョン 1910 (ビルド 12130.20272), バージョン 1910 (ビルド 12130.20238), バージョン 1910 (ビルド 12130.20210), バージョン 1910 (ビルド 12130.20184), バージョン 1910 (ビルド 12130.20178), バージョン 1909 (ビルド 12026.20320), バージョン 1909 (ビルド 12026.20264), バージョン 1909 (ビルド 12026.20248), バージョン 1909 (ビルド 12026.20190), バージョン 1909 (ビルド 12026.20108), バージョン 1908 (ビルド 11929.20254), バージョン 1908 (ビルド 11929.20182), バージョン 1908 (ビルド 11929.20114), バージョン 1907 (ビルド 11901.20176), バージョン 1907 (ビルド 11901.20156), バージョン 1907 (ビルド 11901.20120), バージョン 1907 (ビルド 11901.20080), バージョン 1906 (ビルド 11727.20244), バージョン 1906 (ビルド 11727.20230), バージョン 1906 (ビルド 11727.20224), バージョン 1906 (ビルド 11727.20210), バージョン 1906 (ビルド 11727.20188), バージョン 1906 (ビルド 11727.20104), バージョン 1905 (ビルド 11629.20214), バージョン 1905 (ビルド 11629.20196), バージョン 1905 (ビルド 11629.20164), バージョン 1905 (ビルド 11629.20136), バージョン 1904 (ビルド 11601.20204), バージョン 1904 (ビルド 11601.20178), バージョン 1904 (ビルド 11601.20144), バージョン 1904 (ビルド 11601.20136), バージョン 1904 (ビルド 11601.20126), バージョン 1904 (ビルド 11601.20072), バージョン 1903 (ビルド 11425.20218), バージョン 1903 (ビルド 11425.20204), バージョン 1903 (ビルド 11425.20202), バージョン 1903 (ビルド 11425.20184), バージョン 1903 (ビルド 11425.20140), バージョン 1903 (ビルド 11425.20096), バージョン 1902 (ビルド 11328.20146), バージョン 1902 (ビルド 11328.20140), バージョン 1902 (ビルド 11328.20116), バージョン 1902 (ビルド 11328.20100), バージョン 1902 (ビルド 11328.20070), バージョン 1901 (ビルド 11231.20174), バージョン 1901 (ビルド 11231.20130), バージョン 1901 (ビルド 11231.20122), バージョン 1901 (ビルド 11231.20120), バージョン 1812 (ビルド 11231.20080), バージョン 1811 (ビルド 11126.20266), バージョン 1811 (ビルド 11126.20196), バージョン 1811 (ビルド 11126.20188), !

風に吹かれても ひらがなけやき 選抜 4, 天皇杯宮城県 予選 2020 8, Wacci 空に 笑 えば Rar 14, Bdz Fbt1000 外付けhdd 4, Wordpress フェードイン プラグ イン 46, 食洗 機設置 ブログ 7, 大学 欠席メール 寝坊 14, ポケモン プラチナ ポケトレ カウンター 12,

SHARE
Previous articleBFI Solusi Tepat Bagi yang Butuh Dana Cepat