pdsql 結果 ファイル出力 7

0
1

ュ(/) を使用して下さい。, ファイル名を指定して .output コマンドを実行すると、 SELECT 文の実行結果だけではなく画面へ出力されていたものは全て指定したファイルへ行われるようになります。指定したファイルが存在しないときは新規にファイルを作成した上で出力され、存在するファイルを指定した場合は追加される形で出力されます。, 現在設定されている出力先を確認したい場合には .show コマンドを使用して下さい。, output の項目を見ると現在の設定は stdout となっており現時点で何か出力が伴うことを行うと画面に対して行われます。, この .show コマンドの実行結果も画面に表示されていますし、次のような SELECT 文を実行した場合も結果は画面に表示されます。, それでは出力先をファイルへ変更してみます。今回はカレントディレクトリの logdata.txt というファイル名へ出力するようにしました。, それでは先ほどと同じ SELECT 文を実行してみます。今度は実行結果が画面に表示されません。実行結果は出力先に指定したファイルへ書き込まれています。, カレントディレクトリには logdata.txt というファイルが作成されています。今回はもともと存在しないファイルへ出力しましたので新しいファイルが作成されています。, logdata.txt ファイルをテキストエディタで開くと次のように SELECT 文を実行した結果が書き込まれています。, 出力先の現在の設定を確認してみます。次のように .show コマンドを実行して下さい。, .show コマンドの実行結果も画面ではなくファイルへ出力されているため画面上では何も表示されません。現在出力先として設定してある logdata.txt ファイルをテキストエディタで開いて下さい。, 先ほどと違って出力先のファイルは既に存在しているため、既存のファイルに追加する形で .show コマンドの実行結果が書き込まれています。 output の項目を見て頂くと出力先がファイル名に設定されていることが確認できます。, .output コマンドを使った出力先の変更が有効なのはデータベースに接続していある間だけです。データベースに接続している間にまた出力先をファイルから画面に戻す場合には、特別な値 stdout を引数に指定して .output コマンドを実行して下さい。, これで出力先がファイルから画面に戻りました。では改めて SELECT 文を実行してみます。, SELECT 文の実行結果が画面に表示されました。, .output コマンドを使って SELECT 文などの出力先をファイルへ変更する方法について解説しました。, 初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。. 7.ファイルの行番号を出力する ... psコマンドの出力結果に対しgrepを行う場合、そのgrepのプロセスも表示されてしまう。 これを出力させないようにするには、以下のようにする。 ps -ef | grep [検索ワードの一文字目]二文字目以降. 前回はgitのfetchコマンドについて、記事を投稿しました。 実行例; 7. 実行例; 8. psqlを起動した時に実行されるコマンドを設定する. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Windowsバッチファイルの「errorlevel」は特別な変数です。この変数には、直前で実行したバッチファイルやコマンドがどのような状態で終了したかという情報(「終了コード」と呼ぶ)が格納されています。正常に終了したのか、異常終了であったかという情報です。, 「errorlevel」変数には自分で値を代入する必要はありません。あるコマンドが実行されると、コマンドが成功したか失敗したかで自動的に値が代入されます。すなわち、何かのコマンドを実行した後に変数「errorlevel」の中身を見ると、そのコマンドが成功したのか失敗したのかが分かります。, 以上が「errorlevel」の主な用途ですが、それ以外にも自分で任意の値を入れてそれを利用することもできます。では、次節から詳しくみていきましょう。, はじめは、「errorlevel」のメインの使い方である「コマンドの終了コードを確認する」ことからです。これを確認することで確認した場所の直前のコマンドが成功したのか失敗したのかをチェックできます。, まずは何もしない初期の状態で変数「errorlevel」に何が入っているかを見てみましょう。以下のバッチファイル(check_errorlevel.bat)を実行してみます。, ただ変数「errorlevel」の中身をコマンドプロンプトに表示させているだけのバッチファイルですね。以下、実行結果です。, 以上から初期状態では、変数「errorlevel」には「0」が入っていることが分かります。, 次はコマンドを実行後、変数「errorlevel」を参照します。以下のようなバッチファイル(errorlevel_after_command_1.bat)を作成しました。, 4行目のコマンドは何でもよいのですが、ここでは空ファイルを作るコマンドにしました。このコマンドは正常に動作します。つまり、最終行の「echo …」コマンドはコマンドが正常に終了した後の「errorlevel」の中を確認しています。, 「errorlevel」の初期値には「0」が入っていることを確認しましたが、値は「0」のままです。このようにコマンドが正常に終了すると「errorlevel」は「0」となります。, 先ほどのバッチファイルにコマンド実行の失敗例を追加しました(errorlevel_after_command_2.bat)。, 10行目では引数が必要な「type」コマンドに引数を指定していません。このバッチファイルを実行するとエラーが生じるはずです。以下、実行結果です。, 予想通り、10行目のコマンドを実行した場所で「コマンドの構文が誤っています。」とエラーが出ました。その後「errorlvel」の内容を書き出してみると「1」が入っていることが分かります。このように、失敗したコマンド後には、変数「errorlevel」には「1」は入っています。, さらに、このバッチファイルにありえないコマンドを実行した例を付け足してみます(errorlevel_after_command_3.bat)。, 14行目では、「yahoo mail」というバッチファイルには存在しないコマンドを記述しました。以下、実行結果です。, 最後の出力の行から「errorlevel」には「9009」が入っていることが分かります。このように、ありえないコマンドを実行しようとした場合は変数「errorlevel」には「9009」が入るのです。, 以上より、変数「errorlevel」を参照することでコマンドの終了状態を知ることができます。その値は、「0」が正常終了、それ以外は異常終了と覚えておきましょう。異常終了には、その異常の種類によって異なる値が使われます。, 前節の例では、直前に実行したコマンドの成否によって「errorlevel」の値は自動で決まっていましたが、自分で終了コードを設定することもできます。それは、サブルーチンを使用する場合です(※サブルーチンについては「バッチファイルでサブルーチンを使用する -やりたいことから検索-」を参照して下さい)。, サブルーチンで自分で終了コードを設定した例として、以下のようなバッチファイル(errorlevel_subroutine.bat)を考えます。, 4行目でサブルーチンを呼び出します。するとプログラムは13行目にジャンプします。14行目で「ここはサブルーチン内です。」と表示した後、サブルーチンの最後の行(18行目)で、サブルーチンからメインプログラムへ戻るコマンド「exit /b 777」を実行します。, ただメインコードへ移動するだけならば、「exit /b」だけでよいのですが、「exit /b」の右側に数字を付け足すことで「errorlevel」にその数字が代入されます。この場合は「errorlevel」に「777」を代入してメインコードへ戻るようになっています。, メインコードに戻った後、7行目の「echo」コマンドを実行した結果が出力され、「errorlevel」には指定した値(「777」)が入っていることが分かると思います。, この取得した「errorlevel」の値を使って、分岐処理を行うこともできます。「errorlevel」の分岐処理は様々なものがありますので、一つずつ詳しく見ていきましょう。, これからいくつかの分岐処理を紹介しますが、「これを使うべきだ!」というものは存在しません。目的に一番合った方法を選ぶのが正解ですが、「この方法が分かりやすいから」という理由でも全く問題ないと私は考えています。, はじめに「errorlevel」用の特別なコマンドである「if errorlevel」を紹介しましょう。「if errorlevel」は以下のように使用します。, これで変数「errorlevel」が[数値]に指定した値以上のときに[指定した数値以上の場合の処理]に書いたコマンドが実行されます。, 例えば、前節ではありえないコマンドが実行されエラーが生じた後の変数「errorlevel」の値は「9009」でしたが、[数値]に「0」を指定した場合と「9999」を指定した場合のバッチファイルを見てみましょう。以下にテスト用バッチファイル(if_errorlevel_1.bat)を示します。, バッチファイルには14行目と15行目で「if errorlevel」コマンドを使用して、「echo」コマンドを実行していますが、[数値]を0に指定したものだけが実行され、コマンドプロンプトには「errorlevelは0以上です。」と表示されました。, このように、「if errorlevel」コマンドは「errorlevel」が[数値]に指定した値以上のときにコマンドを実行します。, 「if errorlevel」コマンドは「errorlevel」が[数値]に指定した値以上のときにコマンドを実行するものでした。, 一方、「if not errorlevel」コマンドは「errorlevel」が[数値]に指定した値未満のときにコマンドを実行します。上記のバッチファイル「if_errorlevel_1.bat」を編集して「if not errorlevel」コマンドを使用したバッチファイル例を紹介します(if_not_errorlevel_1.bat)。, 前のバッチプログラム「if_errorlevel_1.bat」から最後の3行を少しだけ変更しました。「not」を付け足し、[数値]も「0」、「9009」、「9999」の3パターンを記述しています。以下、実行結果です。, 「errorlevel」の値は「9009」ですので、、最後行の「9999」を設定したコマンドだけが条件を満たし、「echo」コマンドが実行されています。, 次は、最も単純な方法です。「if」コマンドを使って値を比較することで条件分岐を行う方法です。, 例えば、直前のコマンドが正常に終了したときだけ次のコマンドに進み、失敗した場合はそこでプログラムをストップするようなバッチファイルを作ってみましょう。変数「errorlevel」は「0」のとき以外はコマンドが異常終了したということなので、「errorlevel=0」ではなかったらプログラムを止めればよいでしょう。バッチファイルは以下のようになります。, 7行目で存在しないコマンド「yahoo mail」を実行しようとし、「errorlevel」に「9009」が代入されます。そして、12行目で「errorlevel」が0でない場合は「プログラムは異常終了しました。」というメッセージを出力し、プログラムをそこでストップします。, この場合は異常終了という結果となりました。例えば、7行目の「yahoo mail」の行をコメントアウトして実行すると今度は最後までバッチプログラムが回り、正常終了のメッセージが表示されるはずです。, このように、単純に「if」コマンドを使うだけでも「errorlevel」の条件分岐を実現することができます。この例のようにコマンドが異常終了した場合にはプログラムを止めるという操作は結構実践でも使用する機会が多いと思います。, 最後は「errorlevel」に入っている数値をサブルーチン名に含めることで、呼び出すサブルーチンを変更する方法です。言葉で説明しても分かりづらいので次のバッチファイルの例を見てみましょう。, 3行目から8行目は「errorlevel」に値を代入させるために成功と失敗(2つ)するコマンドを記述しています。今は成功するコマンドを実行するようにしています。, 13行目で「errorlevel」の中身を確認した後、16行目ではサブルーチンを呼び出しています。このサブルーチンの名前に注目すると、サブルーチン名の一部に変数「errorlevel」が使われています。つまり、「errorlevel」が0であればサブルーチン「subroutine_0」が呼び出されるし、9009であればサブルーチン「subroutine_9009」が呼び出されます。このように、「errorlevel」の値で呼び出すサブルーチンを変えることで条件分岐を行うのです。, 21行目からは各「errorlevel」に対応したサブルーチン名とその処理内容を書いています。, 以上で「errorlevel」に関連した条件分岐の紹介を終わります。詳しい解説は「「errorlevel」の値から分岐処理を行う -やりたいことから検索-」でも解説していますので参考にして下さい。, ・初めてWindowsバッチファイルを勉強してみようと思っている方

ノブ ゴチ 強い 12, 山崎元 ポートフォリオ 2019 33, インスタ 自分からフォロー できない 11, レース スタイ 作り方 4, 今井翼 ブログ チャリ 52, プレマシー エンジン警告灯 リセット 25, 筑波大学 Mba 費用 4, Fire Hd 10 Usbテザリング 24, Excel Vbaモジュール 入れ替え 4, 一人暮らし ガス代 プロパン 8,

SHARE
Previous articleBFI Solusi Tepat Bagi yang Butuh Dana Cepat