rails includes 中間テーブル 5

0
1

・includesメソッドは、場合によってeager_loadメソッドとpreloadメソッドのどちらかの動きをする柔軟性のあるメソッド [#. ・データベースからデータを取得して、そのデータに適した表示画面を作る まずはお気軽に、無料カウンセリングへ!, \キャリア発掘の第一歩/ Railsのincludesは、関連している複数のテーブルからデータを取得してくるときのアクセス回数を大きく減らすことができるメソッドです。 また、事前に検索やフィルタリング、ソートなどをしたデータを取得することもできるため、アプリケーション側でそれらの処理を行う必要がなくなりま … 実際のviewのコードをのせておきます。, = f.check_box :item_ids, { multiple: true, include_hidden: false, class: "check-box" }, item[:id]の部分ですが、multiple: trueオプションをつけると配列の形で取れるようになります。またinclude_hidden: falseオプションはチェックしたやつだけを配列の中に入れることができます。これがないとチェックしてないアイテムが0として入ってしまいました。, Rails4でcollection_check_boxesを使って、多対多の関連をチェックボックスで設定する - Qiita よくある中間テーブルは、categories <-> category_products <-> products のような感じで、アルファベット順で、category_productsのような中間テーブルを作成すると思います。 今回、お尋ねしたいのが、recipe <-> recipe_statuses <-> users のような感じで、 ・N+1問題というのは、データベースからデータ取得するときに、データの数+1回のデータベースアクセスが発生すること (app/controllers/items_controller.rb), 関連付けされたテーブルのカラムを指定することで、関連付けされたデータで並べ替えることもできます。, 出品者名で並べ替える場合は、次のようになります。 Railsで複数テーブルに跨ってincludesする – 飲んだり寝たり, また、実際の開発では N+1 問題の回避のために、joins ではなくて includes を使うことも多いかと思いますが、includes を使う場合は references メソッドに where 句で参照するテーブル名を指定します。, 【追記 2015/10/17】 このような感じで、一つのアイテム画像の中に今まで投稿したアイテムの名前が出てしまっています。 #, #]>. 【追記ここまで】, - Ruby / Ruby on Rails あれ?どうやるだったっけという気分によくなるります。 そんな時は、, 上記を実行すると、インサート文のSQLを2回投げてくれて、コード上もすっきりとインサートできます。, また schedule.rb に以下のように dependent: :delete_allをつけておくと, jun9632さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog \参加者満足度99%!/ (app/controllers/items_controller.rb), includesなどで取得したテーブルを、任意のカラムで並べ替えるには、orderメソッドを利用します。, 並べ替えのデフォルト設定は昇順になっていますので、昇順の並べ替えの場合は、キーとなるカラムを指定するだけになります。 (app/controllers/items_controller.rb), また、Ohashiさんからの出品商品だけを確認したい場合は、関連付けしているSalerテーブルから名前を取得するため、以下のような記載になります。 このサイトを利用することによって、あなたはこのサイトのCookie Policy、Privacy Policy、およびTerms of Serviceを読んで理解し、同意したものとみなします。, スタック・オーバーフローはプログラマーとプログラミングに熱心な人のためのQ&Aサイトです。すぐ登録できます。, よくある中間テーブルは、categories <-> category_products <-> products のような感じで、アルファベット順で、category_productsのような中間テーブルを作成すると思います。, 今回、お尋ねしたいのが、recipe <-> recipe_statuses <-> users のような感じで、ステータスを主に扱う中間テーブルを持ちたい場合、recipe_statusesのような命名でもいいのでしょうか?それともrecipe_usersのような命名の方がいいのでしょうか?, Rails 1〜2の頃は、多対多の関連に has_and_belongs_to_many が使用されていました。 ・orderメソッドで並べ替えができる, DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!, 自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。, ブラジルから帰国し技術をつけようとRubyエンジニアを目指してWebCampでRubyを学び、見事Webエンジニアとして転職を果たした田中さんにお話を伺いました。, 【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!. やりたいこととしては、アイテム画像の中にチェックボックス一つだけつけるようにしたいので、ここでまず悩みました。 - PHP / CakePHP RailsのActiverecordで中間テーブルと関連テーブルを一気にインサートする方法です。 モデルの関係は、以下の様に User <=> UserSchedule <=> Schedule UserとScheduleの間にUserScheduleが中間テーブルとして存在することを想定します。 Activerecodeの関連テーブルの設定は以下のようになります。 … #, #]>, controller側 | includesメソッドを使った場合のサンプルコード -->, Owner.includes(cats: :children)によって発行される3つのSQL, includesメソッドとは、アソシエーションの関連付けを事前に取得してN +1問題を解決してくれるメソッドのこと, N + 1問題とは、必要以上にSQLが発行されてしまい、動作が悪くなってしまう問題のこと. Railsの慣例では、相手のモデルを指す外部キーを保持しているjoinテーブル上のカラム名については、そのモデル名にサフィックス_idを追加した関連付け名が使われることを前提としま … ・whereメソッドを付記することで、絞り込みができる プロのキャリアアドバイザーに相談する! f.collection_check_boxesを使ったのですが思うようにいきませんでした。 Ruby on Rails 5.1.3; やりたいこと. など開発業務の受託案件もお引き受けしています。お仕事のご依頼、ご相談はお問い合わせページからお願いいたします。お気軽にどうぞ!, EasyRamble は、技術ネタやスマホ考察、子育て、英語学習などを綴るブログです。Ruby on Rails や Swift などで、Webサービス/アプリを作っています。, 【お知らせ】 英単語を画像イメージで楽に暗記できる辞書サイトを作りました。英語学習中の方は、ぜひご利用ください!, パーフェクト Ruby on Rails は、最近読んだ Rails 本の中では一番役に立った本です。Chef や Capistrano など Rails と共によく使用される技術にも触れてあります。Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミングは、入門的な内容で Rails の機能全体を網羅されています。, Ruby on Rails で Web サービスを作っています。Twitter で英語学習中の親バカ。. RailsのActiverecordで中間テーブルと関連テーブルを一気にインサートする方法です。, UserとScheduleの間にUserScheduleが中間テーブルとして存在することを想定します。, User, Schedulee, UserScheduleにそれぞれhas_many, through, belongs_toを設定します。 ・eager_loadメソッドは、1度のアクセスで関連付けられたテーブルと生成したテーブルを取得するので、もっとも早いがメモリの消費量が多い フルタイムのコミット型学習と手厚いキャリアサポート! Ruby – joinsを使ってeager loadingをする方法 – Qiita http://guides.rubyonrails.org/association_basics.html#the-has-many-through-association, “回答を投稿”をクリックすることで利用規約、プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。, このRSSフィードを購読するには、このURLをコピーしてRSSリーダーに貼り付けてください。, サイトデザイン / ロゴ © 2020 Stack Exchange Inc; ユーザーの投稿はcc by-saでライセンスされます。 rev 2020.11.13.38000, スタック・オーバーフロー をより快適に使うためには JavaScript を有効化してください, RecipeとUserの関係がn:nになっている理由が気になります。その理由がわかるとrecipe_status よりももっと適切な命名が出てくるかもしれません。たとえば、クックパッドのような料理サイトを想像すると、Recipe belongs_to user、User has_many recipes のような1:nのモデル構成が最初に思い浮かびます。また、statusはRecipeの属性(recipe.status)として管理できそうなので中間テーブルはいらない気がしました。, http://guides.rubyonrails.org/association_basics.html#the-has-many-through-association, Feature Preview: New Review Suspensions Mod UX, Webアプリとしてのrailsのroute構造とiOSアプリのAPIとしてのrailsのroute構造は別でもいいのでしょうか?, 意見を述べること(意見を述べるなら、参照リソース、自分の経験で意見をサポートしてください). includes + references を使うと、SQL では LEFT OUTER JOIN が発行されます。場合によっては LEFT OUTER JOIN では都合が悪い場合もあるだろうから、INNER JOIN で eager loading する方法がないかを調べました。, を使うと可能なことが分かりました。この方法を使うと、INNER JOIN を使いつつ N+1 問題も回避できるはず。詳しくは以下を参照お願いします。, Rails – INNER JOIN で eager loading – Qiita # includes の場合は references(:cities) で where 句で参照するテーブル名を指定, # scope :search_city, ->(name) { joins(city: [prefecture: [:country]]).where("cities.name = ? 注意する点は中間テーブルから引っ張ってきたbooleanの属性はtrueまたはfalseではなく、1または0となることです。単純にaccount.admin?とするだけであれば、問題なくtrue, falseの判定ができますが中身のデータを使って何かをするようなときには気をつけなくてはいけません。 ちなみにコントローラーではこのような形で保存しようと思っています, ここのやり方はhttps://qiita.com/hamichamp/items/8cf980e6d5ca9fd7e96f 自分の投稿した服のアイテムの中から、秋のコーディネートみたいに名前をつけて、いくつか保存して整理したい。 例(30個ほど、投稿したアイテムの中からタートルネックだけ3つくらい選択して、保存する) ハマった所 条件を満たすことで最大56万円のキャッシュバックも受けられます。 まずはお気軽に無料カウンセリングへ! で保存させようとすると配列では無理なのかと思いましたが、調べたらありました! (app/controllers/items_controller.rb), preloadメソッドと同じく、データベースへのアクセスは2回で、高速な処理が期待できます。, また、includesメソッドの場合は、必要に応じて生成したテーブルを保持しますので、eager_loadメソッドとpreloadメソッドの良いとこどりをしたようなメソッドと言えます。, コツコツ独学×スクールで実践。未経験からエンジニアに転職!【WebCamp卒業生インタビュー】, 現在の仕事や育児を続けながらも、自身の新しい可能性を発掘してみませんか? .cls-1{fill:#e8b615;}.cls-2{fill:#1551e8;}logo, includesメソッドとは、アソシエーションの関連付けを事前に取得してN +1問題を解決してくれるメソッドです。これによって、指定された関連付けが最小限のクエリ回数で読み込まれます。, includesメソッドに渡す引数は、テーブル名ではなくアソシエーションで定義した関連名を指定します。それでは、includesメソッドの使い方とそもそもN+1問題とは何なのかを解説していきます。, N + 1問題とは、必要以上にSQLが発行されてしまい、動作が悪くなってしまう問題のことです。, SQLとは、データベース言語の1つでデータベースの操作を行います。RailsではActive Recoredによってデータベース操作を行う事が出来ますが、裏側ではSQLが実行されています。, 「Owner Load (2.7ms)」の様にSQLを実行する際にわずかですが時間が掛かります。これが数回でしたら特に動作に影響はありませんが、何万回と回数が増えてしまうと動作が悪くなってしまいます。, ネコの飼い主のテーブルがownersテーブル、ネコの名前を扱うテーブルがcatsテーブルの2つのテーブルを例にN +1 問題を確認していきましょう。テーブルの構成は下記の通りです。, catsテーブルのowner_idカラムが外部キーとなって対応するownersテーブルのレコードを参照しています。主キーと外部キーが分からない方は、まずはこちらの「図とテーブルで理解するアソシエーション」を参考にしてください。, 「1人のownerは複数のcatsを持つ関係(Owner has_many cats)」なので、Ownerモデルにhas_manyメソッドを定義し、Catモデルにはbelongs_toメソッドを定義します。, 「全ての飼い主の猫の一覧」をviewで表示したい場合に、controller側で全ての飼い主をallメソッドで取得し、view側で飼い主の持つcatsをアソシエーションによって下記の様に記述する事が出来ます。, このコードを実行してしまうと、必要以上にSQLを発行するN+1問題が起こります。では、実際にコードを実行した時のテーブルとSQLの流れを確認していきましょう。, まずは「@owners = Owner.all」のコードを確認していきます。このコードの裏側で発行されているSQL文に注目して下さい。, 「Owner.all」のコードが実行されると、下記の様に「ownersテーブルからownersテーブルの全てのカラム」が取得されていることが分かります。このSQLによって、ownersテーブルに1回のアクセスが行われました。, 次にveiw側のコードを確認しましょう。SQLをみると、catsテーブルに対して、4回のアクセスが行われている事がわかります。この4回のアクセスが行われている流れを確認していきます。, まず、1行目の「@owners.each do |owner|」のeachメソッドが「@owners = Owner.all」で取得した全ての飼い主のレコードから1つずつレコードを取り出してownerに代入しています。, 最初のownerには、田中さんのレコードが入っているので「owner.cats.each do |cat|」のowner.catsで田中さんの飼っている猫のレコードを全て取得します。これが1回目のSQLの発行で、ownersテーブルに関連するcatsテーブルに1回目のアクセスが行われました。, 田中さんのレコードの処理が終わると、次のownerには、ownersテーブルのid=2の伊藤さんのレコードが入るので「owner.cats.each do |cat|」のowner.catsで伊藤さんの飼っている猫のレコードを全て取得します。これでownersテーブルに関連するcatsテーブルに2回目のアクセスが行われました。, そして、次にownersテーブルのid=3の高橋さんのレコードがownerに入り、高橋さんの飼い猫を全て取得します。これでownersテーブルに関連するcatsテーブルに3回目のアクセスが行われました。, 最後にownersテーブルのid=4の加藤さんの飼い猫のレコードを見にいきます。加藤さんは猫を飼っていないのでレコードは存在しませんが、SQLは発行されています。これでownersテーブルに関連するcatsテーブルに4回目のアクセスが行われました。, SQLが「ownersテーブルへのアクセスが1回 」に対して「catsテーブルへのアクセスがownersテーブルのレコードの数(4回)」発行されています。, このようにownersテーブルへのアクセス1回に対して、関連するテーブルがN回発行されている1+Nの状況を「N+1問題」と言います。, ownersテーブルにアクセスする際に、関連するcatsテーブルのレコードを取得する事が出来れば、発行されるSQLも4回から1回にまとめる事が出来ます。, includesメソッドは、引数にアソシエーションで定義した関連名を指定して定義します。(※テーブル名ではないので注意してください), includesメソッドで指定された関連付けが最小限のクエリ回数で読み込まれます。これによってN+1問題を解決する事が出来ます。それでは、先ほどのサンプルコードをincludesメソッドを使って確認していきます。, ownersテーブルにアクセスする際に、関連するcatsテーブルをincludesメソッドを使って取得してみましょう。, 「Owner has many cats」の関係なので、includes(:関連名)には、includes(:cats)が入ります。, @owners = Owner.allで取得していた箇所を@owners = Owner.includes(:cats)に変更します。, 「Owner.includes(:cats)」のコードを実行する事によって、下記の2つのSQLが発行されます。1行目は、ownersテーブルの全てのレコードを取得するSQL文です。2行目では、catsテーブルからWHERE句で指定した条件にマッチするレコードを取得しています。, WHERE句では、catsテーブルのowner_idカラムの値がIN句で指定している1,2,3,4のいずれかとマッチするレコードを取得しています。このIN句の1,2,3,4の値は、1行目で取得したownersテーブルの主キーの値が入っています。, includesメソッドを使わない場合は、関連するowner_idカラムの値を1つずつ指定して取得していたのでcatsテーブルに4回のアクセスが必要でしたが、IN句でカラムの値をまとめて指定した事によって1回のアクセスで取得出来るようになりました。, そして、includesメソッドを使った場合の返り値にも注目してください。取得されているのは、ownersテーブルのレコードのみに見えますが、内部的にはownersテーブルに関連するcatsテーブルのレコードも含めて取得する事が出来ています。, 特にSQLが発行される事なくコードが実行されます。これは、controller側でincludesメソッドを使って既にownersテーブルのレコードに関連するcatsテーブルのレコードが取得されている為、view側で必要以上のSQLを発行せずに済みます。, このように、includesメソッドを使って関連するテーブルのレコードをまとめて取得させる事によって必要以上のSQLを発行する事なく済みます。, 先ほどは、includesメソッドを使ってownersテーブルにアクセスする際に関連するcatsテーブルのレコードを事前に取得してN+1問題を解決することが出来ていましたが、catsテーブルのレコードを全て取得して関連するownersテーブルのレコードを取得する場合も、includesメソッドを利用しないとN+1問題が起こります。, N+1問題が発生する例を見ながら確認していきます。controller側にallメソッドを利用してcatsテーブルから全てのレコードを取得します。この時にcatsテーブルに対して1回のアクセスが行われます。, そして、catsテーブルの全てのレコードが入っている@catsをeachメソッドで1つ1つ取り出し、猫の飼い主の名前を「cat.owner.name」で指定します。この時にN+1問題がおこります。, 「cat.owner.name」で発行されるSQLを確認すると、catsテーブルのアクセスが1回だったのに対して、関連するownersテーブルに対してのアクセスは、4回行われています。, includesメソッドを使って、catsテーブルのレコードを取得する際に関連するownersテーブルのレコードを事前に取得することで、このN+1問題を解決することが出来ます。, 「Cat belongs to Owner」の関係になので、includes(:関連名)の関連名には「owner」を指定して、Cat.includes(:owner)になります。, Cat.includes(:owner)」のコードを実行する事によって、下記の2つのSQLが発行されます。1行目は、catsテーブルの全てのレコードを取得するSQL文です。2行目では、ownersテーブルからWHERE句で指定した条件にマッチするレコードを取得しています。, WHERE句では、ownersテーブルのidカラムの値がIN句で指定している2,1,3のいずれかとマッチするレコードを取得します。このIN句の2,1,3の値は、1行目で取得したcatsテーブルのcat_idの外部キーの値になります。, IN句によってカラムで値を事前にまとめて取得しているので、ownersテーブルにアクセスしていた回数を4回から1回にまとめることが出来ました。, 取得できる様になりN+1問題を解決することが出来ました。includesメソッドを使って事前にcatsテーブルのレコードと関連するownersテーブルのレコードが入った@catsを使いview側のコードを実行します。, 事前にcatsテーブルに関連するownersテーブルのレコードを取得することが出来ているので、必要のないSQLは発行されずN+1問題を解決することが出来ました。, 1人の飼い主は複数の猫を飼っていましたが、その猫には複数の子猫がいます。子猫のテーブルをchildrenテーブルとします。1匹の猫は複数の子猫を持ち「Cat has many Child」の関係になります。catsテーブルとchildrenテーブルの関係は下記の通りです。, さらに複数の猫は1人の飼い主に属しているので、ownersテーブルを含めた3つのテーブルの関係を整理すると下記の様になります。, ownersテーブルとchildrenテーブルは、直接の関係はありませんが、childrenテーブルが外部キー(cat_id)を通してcatsテーブルを参照し、catsテーブルが外部キー(owner_id)を通してownersテーブルを参照しています。, 先ほどのサンプルコードでは、includesメソッドを使って飼い主に関連する猫のレコードを取得する事によってN+1問題を解決する事が出来ていました。, しかし、今回の様なテーブルがネストしている状態でcatsテーブルのレコードに関連するchildrenのレコードを取得する時は、どの様なSQLが発行されるのでしょうか? view側のコードを変更して確認していきます。, 飼い主の猫の子供を取得するには、飼い主に関連する猫、更にその猫に関連する子供のレコードを取得する必要があります。, その為「cat.children.each do |child|」のコードを下記の様にview側に追加します。このコードによって発行されているSQLを確認すると、childrenテーブルに対して4回のアクセスが行われいる事が分かります。, どこかで見たSQLと似ていますね。これは、includesメソッドを使用していない時の「owner.cats.each do |cat| 」と一緒です。今回はcontroller側でincludesメソッドを使って関連するcatsテーブルのレコードを事前に取得しているのでN+1問題が起こりません。, しかし、catsテーブルのレコードと関連するchildrenテーブルのレコードは、事前に取得していないので、catsテーブルのレコードの回数だけchildrenテーブルにSQLが発行される事になります。, catsテーブルへのアクセスは、includesメソッドによって1回のアクセスだけになっています。SQLが「catsテーブルへのアクセスが1回 」に対して「 childrenテーブルへのアクセスがcatsテーブルのレコードの数(4回)発行」されるN+1問題が起きてしまっています。, 連続して参照する様な関連の場合もincludesメソッドを使って解決する事が出来ます。, 連続して参照している関連名がある場合に、includesメソッドは下記の様に定義します。, それでは、 先ほどのownersテーブルとcatsテーブル、childrenテーブルを例に確認してみましょう。, 1匹の猫は複数の子猫を持つので「Cat has many Child」の関係なので、それぞれのアソシエーションは下記の様に定義します。, そして、このアソシエーションを元に連続して参照している関連をincludesメソッドで指定します。includesメソッドの引数には、「モデル名.joins(Ownerモデルの関連名: :Catモデルの関連名)」つまりOwner.includes(cats: :children)を指定します。, 「Owner.includes(cats: :children)」のコードを実行する事によって、下記の3つのSQLが発行されます。1行目は、ownersテーブルの全てのレコードを取得するSQL文です。2行目では、catsテーブルからWHERE句で指定した条件にマッチするレコードを取得しています。そして3行目のchildrenテーブルですが、IN句を使ってまとめて取得しているので1回のアクセスのみになっています。, 更に返り値に注目すると、取得されているのは、ownersテーブルのレコードのみに見えますが、内部的にはownersテーブルに関連するcatsテーブルのレコードに更に関連するchildrenテーブルのレコードも含めて取得する事が出来ています。, 特にSQLが発行される事なくコードが実行されます。これは、controller側でincludesメソッドを使って既にownersテーブルのレコードに関連するcatsテーブルのレコードの更に関連するchildrenのレコードが取得されているからです。, このように、連続して関連する様な関係でもincludesメソッドを使ってまとめて関連するレコードを取得する事によってN+1問題を解決する事が出来ます。, Pikawakaが許可なくTwitterやFacebookに投稿することはありません。, controller側 | includesメソッドでN+1問題を解決する -->.

画像 解析 鮮明 アプリ 14, らくらくホン ストラップ 付け方 5, エンブレム スムージング Diy 5, Power Saving Mode 解除方法 17, ビール煮 苦味 消す 21, Ece R44 04 説明書 6, タイトリスト T100s 試打 4, Flex 3 英語 教科書 5, Javascript Display: None 遅い 8, Band 招待 無効 27, ダイソー デジタル時計 合わせ方 4, ホテルオークラ カレー レシピ 8, Gto 2012 1話 Pandora 46, カズ レーザー 母 新聞 9, 魚 塗り絵 無料 33, Radwimps ベース 難易度 14, Php Db接続 遅い 4, Miband4 替え ベルト 9, 営業 接待 多い業界 12, 10歳 身長 海外 20, 万 魔 踊り子 構成 5, 新盆 お車代 書き方 8, シャーロック ホームズ Openload 8, やまと よしこ Fm 山口 4, 漢字 検定 最高齢 16, Cx File Explorer 6, ポケモン セレナ 神回 7, 平安時代 貴族 宴 28,

SHARE
Previous articleBFI Solusi Tepat Bagi yang Butuh Dana Cepat